トップ > 地方創生のクラウドファンディングについて > 未来を変えるクラウドファンディング

未来を変えるクラウドファンディング

 日本各地には多くのお祭りや伝統行事がありますが、長きにわたって続けることは簡単ではありません。
とりわけ苦しんでいるのが、資金調達だと言われています。
地方ほど深刻で、規模の縮小や休止を余儀なくされることがあります。
そんな資金調達の救世主となるのが、クラウドファンディングです。
日本においても徐々に浸透し始めていますが、インターネット上で不特定多数の方に寄付をお願いする方法です。
一人一人が出す金額は僅かであっても、大勢の厚意が集まると目標が達成されます。
地方創生にも繋がりますし、未来型の資金調達方法と言えるのではないでしょうか。
無論、小さなイベントやスポーツの大会においても、採用するケースが増えています。
危ぶまれていた開催が可能になり、地域の活気が戻っているようです。

 また、お金を出す側にとっても夢や目標をサポートできる満足感があります。
世界の方と繋がりを持つチャンスですし、貧困や飢えを防ぐ方法としても注目されています。
都市部と地方の格差が深刻化している日本においては、どんどん斬新なアイデアを出して盛り上げることを考えるべきです。
国や自治体に任せるのではなく、民間も出来ることを一生懸命にやる必要があります。
クラウドファンディングは手続きも簡単ですし、誰でも簡単にスタートすることが出来ます。
目標の金額を決めて理念を示すことで、賛同を得られてお金を出してくれるのを待つだけです。
善意に期待することは難しい側面もありますが、自らの気持ちが誰かに届くのは幸せなことです。
地方移住を考える若者も増えていますし、クラウドファンディングの成果と言えます。

 ボランティアサークルやNPOにとっても、クラウドファンディングはありがたいのではないでしょうか。
可能性を広げることが出来ますし、目の行き届かないところに目を向けることが出来ます。
高齢者が元気であれば、介護にかかる費用を抑えることが出来ます。
クラウドファンディングをもっと知りたい方向けに、説明会も開催されています。
弁護士や税理士の専門家が話してくれることで、詳細が伝わり改めて意欲が増すのではないでしょうか。
困難なことは多いですが、お金の問題がクリアになるとモチベーションは上がります。
会計報告をきちんとすることで、お金を出してくれた方への信頼も深まるのではないでしょうか。
子育てサークルや絵本作家も、クラウドファンディングを利用しています。
大きな夢であっても、一歩を踏み出せば叶います。

次の記事へ